お寺を知るためのポイントは非効率なことを取り入れるということ

どうもおしょうです!

だいぶ暖かい天気になってきましたね。

 

むしろちょっと動いただけでも、暑いみたいな。

 

そんなことで、

最近のお寺体験は徐々に冬仕様から、

春仕様へと変更しつつあります。

 

もう、日中だと本堂のストーブいらね。

ってぐらいになってきていますね。

 

そのうちゴールデンウィーク手前になると、

ガラス戸も開けて開放的な感じになっていくと思います。

 

四季によってお寺が変わる。

そういうところもお寺ならではの、楽しみ方だったりします。

 

お寺というのはアナログな世界です。

今でも直接「会う」とか「行く」ということを

要所要所で重んじていたりします。

 

それは時として面倒くさいこともあるのですが、

行くからこそ、

実際にその場所で得られるものというのが、あったりするんですね。

 

最近ではネットが発達して、

直接行かなくても情報が得れる便利な世の中になってきました。

 

距離が離れていても、

情報が得れたり、

人とやり取りできるっというのは、本当に嬉しいことですよね。

 

ただ、

必ずしも便利が人にとって、良いわけではなかったりします。

 

便利というのは、いわば効率化。

 

効率化をするということは、

なにかしらが失われているということを意味していたりします。

 

例えば、デジカメなんてまさにそうで

デジカメになって撮った写真をすぐさま液晶画面で、

確認できるように便利になって便利になったのですが、

逆にイレギュラーな写真というものが撮れなくなってきました。

 

現像してからのお楽しみ感とかね。

 

あとは単純に写真を現像していた仕事も無くなったと思います。

 

これに関しては、

昔の方が味があって良かったみたいな、

説教じじぃ臭いことを言っているのではなく、

効率化することによって、何かを失っているのだよということです。

 

まーまさに昨今言われているAIなんて、そうですよね。

 

便利になればなるほど、人間のやることが無くなっていく的な。

 

なので、

決して便利=良いというわけではなかったりします。

 

そしてこの便利の逆にあるのが、宗教だったりします。

 

非効率なことに、宗教があり、仏教があるんですね。

 

だから、お寺や神社、教会などは、

ある意味不便な場所でなければ、いけなかったりするわけです。

 

そういうこともあって、

僕のお寺ではある意味非効率な、

直接来てもらって体験をするということをやっているんですね。

 

直接来てもらって、感じてもらうことこそに、

意味があると思っているので。

 

それは決してネットの情報だけでは、

伝わらないものがあるんですね。

 

これは決して昔ながらのとか、

味があるとか、気持ちが伝わるとか、

そんなよくわからないエゴではなくて、

宗教の本質は体験することにあるんだということです。

 

お寺はなぜ非効率で、

たびたび直接来てもらうことに

こだわるのかというのは、要はそういうことです。

 

実際に行かないと伝わらないものがあり、

行って体験することで、はじめてお寺というものがわかるんですね。

 

それはお寺の体験だけでなく、

法要やお墓参り、その他の行事もそうですね。

 

文字だけではなく、

行ってやってみないとわからないこともあるということです。

 

そして、実際に体験しないと

わからないのが、宗教だということですね。

 

決して効率化だけが全てではない

というのはまさにそういうことです。

 

宗教は非効率であるからこそ、宗教ですので。

 

時代と逆行するような、

非効率なものをぜひ楽しんで、

自分自身に取り入れてもらえればと思います。

 

効率化することによって、失われるものもある。

そういうことですね。


●お香のショップをやっています。

新しいものも日々増えてきてますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香をぜひどうぞ。

https://enjya.theshop.jp/

●不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazi