お地蔵さんはなんでも飛び込んじゃう変態!?トイレの改修から思うこと

IMG_0141-001

どうもおしょうです!

な、な、な、なんだ~!?

このいきなり廃墟の写真は!?

よくわからなすぎる!

 

そう思ったんじゃないでしょうか?

 

そうです!

意味が分かりません!!!

 

・・・

 

っというのはジョーキングで、

お寺ジョーキングで、

ウキウキウォッチングで。笑

 

これはですね、

お寺体験に来られた方なら見覚えあると思いますが、

お寺のトイレです!

はい。

トイレを今、改装中なんですね。

 

っというのもここ二、三十年でしょうか、

いやもっといってるか?

私が生まれてこの方、ずーーーっとボットン便所だったんですね。

ので、

汚い話し、大きいのをしたらボチョンっと跳ね返ってきます。笑

なにか落としたりした時にはもう、最後です。笑

落ちろと言わんばかりに大きな口を開けて待ち構えているわけです。

 

もうね、

これがずーーーっと続いていたわけですから、

さすがに水洗式にしようとなったわけです。

どう考えても時代に遅れていますからね。笑

 

多分はじめて利用された方は、

カルチャーショッキングだったと思います。笑

 

それでトントンカンカンっと、

ただいまボットン便所を改修しているわけです。

 

しかしまー

たまにありますね、どこか僻地にいくとボットン便所が。

しかもハエがたかっていて汚かったり、臭かったりして。

お隣中国に昔行った時も田舎の方ですが、ドアなしの垂れ流し状態

だったのを覚えてきます。

 

そういうのを経験すると、

ほんとトイレって大事だなぁーって思うんですね。

当たり前のことなんですが。

当たり前だからこそ、

今の日本のトイレはありがたいなっと思うわけです。

 

かといって、

トイレが汚いとかで「できない」っと嫌がる人は

ナンセンスだと思っています。

多少抵抗があるかもしれませんが、いややれよと。

やってしまえば、一緒だからと。

 

そんなワイルドさを持っている人は

個人的には好きです。

 

なんか汚いトイレの話しになってしまいましたが。笑

要は飛び込んでしまえば

意外と大したことないということですね。

なんでもそうですが、

飛び込む前は一番怖い、

でも飛び込んだら意外と平気だということです。

 

道端によく見かけるお地蔵さんは、

あらゆる場所に自在にいけるといわれています。

そう、なんでも飛び込む変態です。笑(いい意味で)

それに習って、

食わず嫌いせずにいろんなところ、モノに飛び込んでいける人で

いきたいですね。

 

どうせ歳をとったら、

嫌でも動けなくなるので。

 

どっちの人生が自分を豊かにしてくれるか?

時間は有限。

だからこそ、なんでも飛び込んでいきたいものです。

 

おしょうはなんでも飛び込みすぎて、

たまにナマグサ感がでちゃいますが。笑

まーそれでいいです。

俗世の世界から大切なものを学んで今の自分があるので。

しめ鯖と日本酒は旨い!!

そういうことです。笑

 

っとまー

よくわからない話になりましたが、

トイレの改修楽しみだなーっということです。

これからさらにお寺体験が過ごしやすくなると思いますよ!

 

あ、あと、

民泊が法律で緩和されれば、

中断されている宿坊プロジェクトも進めていきたいですね(^^)

 

最近、飛び込んでいますか?

 

※不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazin/