お寺の体験から学ぶ!人生を楽しむために必要な仏教の教えとは?

どうもおしょうです!

おっす!ということで、

今日も先日に引き続きお寺体験でしたね。

 

先週は寒かったのですが、

今週は温かい日が続いているので、

体験的にもいい汗かいたなぁって感じです!

(いざ、ダイエット!w)

 

やっぱり前から言っていますが、

前のめりにいろいろ質問してくれて、

興味を持ってくれる人というのは、

やっていて楽しいものがありますね。(^-^)

 

もっとこういうの話そうとか、

こういうことやってあげようって

気にさせてくれます。

 

やはり同じ場を共有するもの同士ですから、

良い体験にしようという姿勢が、

良い体験につながるのだと思います。

 

誰かが良い体験をくれるという、

白馬の王子様を待つ姿勢ではなくて、

自分から良い体験にするんだという姿勢ですね。

 

イメージ的には、

小学校で秘密基地を作って遊んでいたような、

あんな感じです。

 

あれって、誰かになにかを与えられた

というわけではなく、

自分たちで勝手に遊んでいるでしょ?

 

勝手に区画を作って、

役割を決めて、

その中でより面白くなるように遊んでる。

 

でも、

大人になったら、誰かが教えてくれる、

与えてくれるって受け身がちになってったりするんですよね。

 

不思議に。

 

そのはてが、誰かのせい、社会のせい、

環境のせい、仕事のせいになっていったりするんですが。

 

はじまりは、自分で世界を作っていたのに、

いつのまにか世界を誰かに作ってもらう

ということになっている。

 

それは社会に適応していくために

ある程度必要なことかもしれませんが、

適応しすぎると、そういう純粋なものというのを

忘れていってしまうんですね。

 

でも、

人生という視点で見れば、

自分を幸せにできるのは、

自分しかいなかったりします。

 

誰も変わることができません。

 

いくら社会にうまく適応したとしても、

そこだけは変わらないということですね。

 

だからこそ、前のめりに楽しむんだ、

つかみに行くんだ、学ぶんだという姿勢が、

大事だということです。

 

これなくして、

良いものを学んだとしても、

役に立たないでしょう。

 

自分から動かないわけですから。

 

仏教の教えは厳しくも、

主体的に行うことが前提にあったりします。

 

むしろ他の人にはどうしようもできない

というのが本当のところ。

 

だから、お釈迦さんは、

「サイの角のようにただ一人歩め」

という言葉を厳しくも言われているんですね。

 

あなたの人生なんだから、

主体的に歩みなさいと。

 

これが仏教のどの教えでも、

共通していることです。

 

自分が人生を作っている。

そういう思いで、なにごとも前のめりに

進んでいってもらえればと思います。

 

少なからず、それを言うものとして、

僕もまたみなさんの菩薩になれるよう、

行っていますので。

 

前のめりに人生を作っていきましょう!

勇気あるのみです。


●お香のショップをやっています。

新しいものも日々増えてきてますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香をぜひどうぞ。

https://enjya.theshop.jp/

●不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazi