小さなプライドを落としてバカになるための本来無一文という仏教の教え

ball-1178747_1280

どうもおしょうです!

いやー久しぶりに飲みました!

潰れました!

というのも、先日とある勉強会のコミュニティ仲間の

結婚式にいっておりまして、久しぶりに会う人たち、

そして祝いの席ということで、たくさん飲んでしまいました。笑

 

そして、三次会、

始まってしばらくして、記憶がショーート!!(◎_◎;)

気づけば一人漫喫で寝ておりました。笑

「いったい何があったんだ?」

とよくわからない状況に。笑

 

眠気まなこに周りを見渡せば、

カバンがない、帽子がない、マフラーが無い、

と無い無い状態に・・・笑

(ちゃっかり財布と携帯は持ってました。笑)

 

そして、あらゆるものが無い状況の中、

なぜか見知らぬスーツのジャケットを持っていました。

なんでやねん!!笑

 

それは後で知り合いのジャケットとわかったのですが・・・

 

あまりのカオスっぷりに、

久しぶりにやったなぁーっと。(*´ω`*)しみじみ

 

まーとりあえずは、

カバンとマフラーは知り合いが持っていてくれていた

ということで、いろいろ記憶が無い部分の詳細を聞きつつ、

後日、寺の方に送ってもらうことに。

 

そして、

僕は、また違う知り合いのジャケットを、後日送ることに。

 

なんじゃこりゃ。。。笑

 

その場にいたいろんな人がいろんなものを無くし、

誰かが誰かのなにかを持っているという・・・

 

ほんとお酒というのは、怖いものです。笑

 

でもまー

それはそれで楽しかったからいいのかなぁと思います。

 

好きなんですよね。こういうの。

二日酔いで後味最悪でしたが、

たまにはこうやってバカをやるのも。

 

大人になればなるほど、

社会の目とやらで、失敗が許されないようになってくると思うんです。

「なにやってんだこいつ、いい歳こいて」って。

 

でも、そこにがんじがらめになってしまったら、

自分らしさを失うなって思うんですよね。

 

だから、しょっちゅうではないですが、

たまにはこうやって、自分の殻を破ることをやっていたいなぁって思うんです。

 

カッコつけて、すました人間にはなりたくないですから。

 

それが仏教の心だと思っています。

 

本来無一文(ほんらいむいちもん)

 

これは仏教の言葉ですが、

本来、僕たちはなにも持っていないという言葉ですね。

命あって、生き、そして死ぬ。

そんな生き物だと。

 

ただ、

生きているうちに、

いろんなものを着飾り、守り、

本来無一文が有一文になっていくということなんですね。

 

そして気づくとそれに固執してしまうと。

 

それはまーどうしようもないこと。

生きる上ではそうゆうことも大切になってきます。

 

でも、

それに囚われると、本来身軽だった自分が、

どんどん重たくなっていくんですね。

 

それが小さなプライド。

 

小さなプライドが自分にこべりつき、

自分らしさというものを閉じこめてしまう。

 

自分らしさとの闘いって、

こういう闘いなのかなぁーって思っています。

 

こべりついたものを、落としていく。

 

そのこべりついたものを、

バカなことという水で洗い流す。

 

ちょろちょろーじゃなくて、

ドバっと。

 

本来無一文。

 

だからこそ、

それを忘れないで、

ただただ無一文でやっていこうと、改めて思う今日この頃でござんした!

 

ちなみに、ここでいう無一文は物理的なことじゃなくて、

精神的なことですよ。

 

まー今日はそんな感じで!

たまにはこういうのもいいでしょ?笑

それではまたー(^O^)/

 


 

※オーダーメイドお香というものを、はじめました!

よければご覧下さい。オーダーメイドであなただけの

お香を作ります。

http://enjya.net/

※不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazin/