芋ようかんとナシの寒天を合体させたお寺ならではの精進デザートのレシピ

dsc01782-001

どうもおしょうです!

今日は先日お寺体験でお出しした、

精進デザートのレシピを紹介していこうと思います!

で、

季節的には少し旬が過ぎているかもしれませんが、

そこらへんはご勘弁を!!

 

この愛らしいウィンクで許してください。

 

(^_-)-☆

 

はい。

ということで、

今回の精進デザートなんですが、

前にも言ったとおり、サツマイモの芋ようかんと

ナシの寒天の二層のデザートになっています。

上下合わせて一緒に食べるというやつですね。

 

それでこれの仏教的な意味合いはというと、

万法一如(まんぽういちにょ)という言葉のとおり、

上と下は本来別のものではなく、二つ合わせて一つだというものを

表していたりします。

 

もう少しわかりやすく言うと、

あの世はこの世があって、あの世と成立するし、

仏さん神様の救いというものは、

迷ったり悩んだりする人がいるからこそ成立すると

いうものです。

 

僕たちの生活もそうですよね?

 

ブサイクな人がいるから、

綺麗な人も存在するわけで、

貧乏人がいるから、

お金持ちも存在するわけです。

 

世の中には勝ち組、負け組というのがテレビなどで

あったりしますが、あれもそう。

負け組という人が存在するから、

勝ち組は勝ち組でいられるのです。

 

これは良い悪いということではなく、

ただ本来は二つで一つなんだよということを伝えているのですね。

 

ただ世の中というか、

人間は無いものねだりをする生き物ですから、

どうしても二つにわけたがるんですね。

あと、

自分が優越感に立ちたいから、

持ってない人を見て見下すということもしたりします。

 

でもまーこれは世の常、仕方ないこと。

ただ負け組だといって落ち込む必要はないということです。

 

クリスマスを恋人と過ごす人がいるということは、

過ごさない人も同時に当たり前のようにいるということです。

ここらへん変にテレビや雑誌の影響を受けると、

見失いガチですが、実は逆の人も多くいるということですね。

 

だからクリスマスの聖なる夜は、

恋人と過ごす人と過ごさない人で二つで一つということです。

 

他にも

一如系でいくと、

因果一如という言葉がありますね。

これは目的を達成することが全てではなくて、

目的を達成しようと行動した時点で始まっているという考え方です。

 

これは視点のとらえ方の問題なのですが、

○○になったから幸せという考え方ではなくて、

幸せな生き方というのは、それを目指した時点で、

大なり小なり始まっているという考え方です。

 

点で見るか?全体で見るか?ということですね。

 

要は全体で見るというのは、

プロセスを重んじるということですね。

 

おわかりいただけたでしょうか?

 


 

といった意味が実は込められていた、

精進デザートだったりします。

 

まー体験中は消化不良になるといけないので、

そこまで話していなかったりしますが。笑

補足ということです。

 

ということで、

さっそく精進デザートのレシピのほうに行きたいと思います!

今回は前回の芋ようかんと被る部分がありますので、

少し端折らせてもらいますね!

 

それでは行きましょう!

レッツラブッダーーー!!(^O^)/笑

 


 

『サツマイモとナシの寒天』

 

材料:サツマイモ400g程、ナシ2/3、砂糖大さじ2~3、

棒寒天1/2程度、塩少々、酒少々、粉かんてん2~3g

人数:7~8人前

 

img_0500-001

1.サツマイモの芋ようかんの工程は前回に記載しましたので、

こちらをご覧下さい。⇒http://oshow.biz/wp/otukimi-imoyokan/

(抹茶を入れずにそのまま固めてもらえればオッケーです。)

2.サツマイモの方を先に流し缶に入れますが、

平たくやや薄っぺらくするのが、後々キレイに見せるポイントです。

nashisatuma

3.棒寒天と砂糖を適量の水で煮て溶かし、

溶けたら摩り下ろしたナシを鍋に入れて沸騰するまで混ぜていきます。

(この時に味見をしましょう!)

nashisatuma2

4.沸騰し全体が混ざったら、サツマイモを先に入れた流し缶に流し込み、

粗熱をとっていきます。粗熱がとれたらラップをして冷蔵庫で冷やします。

(半日ほど)

dsc01782-001

5.固まったら、流し缶から出し、適量な大きさにカットして、

お皿に盛り付ければ完成です。

 


 

いかがでしょうか?

下準備に手間は少しかかりますが、

ナシとサツマイモがあればすぐできちゃうので、

是非お試しください。

ある程度作り置きができちゃうのも、

この精進デザートのよさだったりしますね。

簡単に量が作れて、保存が効くということです。

 

味的には、

あっさりめですが、よく丁寧に味わうと、

サツマイモの甘味が口に広がり美味しいですよ!(^O^)/

 

では今日はこのへんで!

もし作ったよー!っという方がいらっしゃったら、ご報告ください。

喜びます。笑