お寺巡りは無名のお寺がオススメ!その理由についてお話しします

どうもおしょうです!

先日はお彼岸で京都まで行っていました。

 

台風の影響もあって、

朝は天気が荒れていましたが、

午後からは晴れとなり、良い彼岸を迎えられたかなと思います。

 

ということで、

彼岸の法要の帰りに、

知り合いのお寺にお邪魔してきました。

 

場所は京都の山の方。

神護寺とか、高山寺がある方ですね。

 

市内とはうって変わって、

自然の山に囲まれた静かなお寺がありました。

 

まー山寺なので、道が激しく、

ヒヤヒヤした場面もありましたが・・・笑

 

で、ご覧のようにほんとひっそりと佇む、

無名なお寺です。

 

ただ、個人的にはこういう無名なお寺の方が、

面白かったりするんですね。

 

なぜなら、有名寺院のように、

観光地化されていないから。

観光地化されていないという事は、

お寺のそのままの形が、残っているということです。

 

観光客相手ではなく、

お寺の檀家さんとの関係で、

ほとんど成り立っているお寺という事ですね。

 

だからこそ、巡っていて面白いものがあります。

観光地寺院に無いような独特な文化が。

 

例えば、お寺の音を鳴らすもので、

馨(けい)というものがあるのですが、

それが音の鳴る石になっていたりね。

しかも叩く棒は、鹿の角だったりするわけです。

 

山寺っぽいですよね~。

 

これもまた大きなお寺ではない、

個人のお寺だからこそ、出来ることだと思います。

(大きなお寺はそういうのウルさかったりするので。笑)

 

そんな感じで、

これから紅葉の季節が始まりますが、

個人的には、名もなき無名のお寺に行かれるのもオススメです。

 

特に京都なんかは、

歴史がある分、魅力的なお寺が多いと思いますしね。

 

お寺巡りしてきたついでに、

少し時間があるから、

近くのお寺に行ってみよう!

と言うふうに行かれてみると良いと思います。

 

ほとんどの場合、

こじんまりしたお寺なので、

巡るのもそんなに時間がかからないのでね。

 

ちょっとした時間に巡るのには、

無名のお寺が良かったりします。

 

タイミングがあえば、

そこのお寺の人に話しかけても良いと思いますしね。

 

で、今回行った山のお寺には、

こんなものもありました。

じゃーん!

ということで、何かわかります?

 

これ何かというと、

西国三十三所の観音さんなんですね。

 

で、お寺に詳しい人なら、

もうピンときていると思います。

 

そう、三十三所の観音さんが

並んでいるのは、他のお寺でも

あったりするんですが、このお寺は石仏なんですね。

 

これは珍しい!

 

僕の知る中では、初めてだと思います。

石仏の三十三所の観音さんが。

 

なんか色鮮やかで、可愛らしくていいですよね。

 

細かい所まで色見をつけて、キレイに作られています。

 

で、この石仏は聞くところによると、

明治頃に作られたものだそうで、色は当時のまま!

 

お寺の隅で黒く汚れていたのを、

住職さんが落として、キレイにしたものなんだそうです。

 

ほぼ当時のままちゃんと残っていたんですね。

 

で、住職さんがお堂を作って、

バラバラだった仏さんを、

ここにちゃんと並べたそうな。

 

僕は聞いているだけで、

うわぁ~大変だなぁって思いましたよ。笑

一から並べて作るって大変ですからね。

 

でも、こうやって並べてみると、

見ごたえがあるし、キレイなので、

こういう事は面倒くさくても、

ちゃんとやることが大事なんだなぁと思いました。

 

ほんのちょっとの労力で、

仏さんが生き返ったりするんですね。

 

そんな事を学べるのも、

身近なこじんまりしたお寺だからこそだったりします。

 

住職の努力が、そのお寺に直に反映されているんでね。

 

ちょっとしたものでも、

学べることが多かったりしますよ。

 

ということで、

お彼岸の時期に知り合いのお寺に

行ってきたということで、

無名のお寺の良さというものをお話ししました。

 

これからのお寺巡りの参考にされてみて下さい。

 


 

●お香のショップをやっています。

まだ数は少ないですが、日々増えていますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香を焚かれることをオススメです。

https://enjya.theshop.jp/

●不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazi