鎌倉にある鬼頭天薫堂の伽羅を使った評判がいいお香の感想

どうもおしょうです!

鎌倉にはですね、鬼頭天薫堂という

お香屋さんがあったりします。

 

鬼頭天薫堂ってなんかイカツイ名前ですよね。笑

 

この鬼頭というのは人の名前なんですが、

明治頃に鬼頭勇治郎という

お香業界に影響を与えた天才調合師がいて、

その人が天薫堂というお香屋を

やっていたことから、鬼頭天薫堂という名前になったそうです。

 

ちなみに鬼頭勇治郎は、

あの毎日香を作った人ですね。

 

毎日香といえば国内シェアNO.1のお香なんですが、

今は鬼頭天薫動から日本香堂へと商標権がうつり、

日本香道が毎日香を売っているということですね。

 

そんな感じで、

鬼頭天薫堂というイカツイ名前は、

そこからきたということですね。

 

まーもしかしたら、

関東方面の方なんかはこのお香屋のことをご存知かと思います。

 

人気があるのは、

フレグランス系の華やかな香りのするお香よりも、

香木を使った昔ながらの線香がお香好きの人たちに

愛用されていたりしますね。

 

僕も鬼頭天薫堂の「寿王」というお香を、

お寺体験で焚いていたりします。

ちなみに

1年ぐらい前にユーチューブでも紹介していますね。

https://www.youtube.com/watch?v=JNJ38aPhIdE

 

で、

今回はその鬼頭天薫堂から、

「老松」というお香を紹介したいと思います!

 

この前東京に行ったときに

たまたまあったので買いました。

 

そういえば知り合いが使っていたなぁーと。

 

鬼頭天薫堂の老松

この老松は鬼頭天薫堂の中で、

高級な部類に入るお香なんですが、

(おそらく2番目に高い!)

それもそのはず、

沈香の最高ランク伽羅を使っているからなんですね。

 

伽羅といえば、グラム数万円もする、

ちょーお高いやつ。

 

それがどれぐらい入っているか

わかりませんが、伽羅を使って作る

線香なので、それ相応の値段がするということです。

(お寺の普段用ではなかなか使えない!笑)

 

でもですね、

その分奥ゆかしきいい香りがすると、

評判のお香だったりします。

中を開けるとこんな感じ。

軽い説明書とミニお香立てと、

線香が入っています。

 

今回はミニお香立て入りの

30本セットを買いました。

 

ミニお香立てが写真で少し汚れていますが、

すでに1回・・・いや2、3回使っちゃいました。笑

 

ちなみに鬼頭天薫堂といえば、

この箱ですよね。

 

開け閉めがしっかりできて、

取り出しもしやすいので、良かったりします。

なんせ可愛らしいですよね。

説明書をなどをどけるとこんな感じ。

30本入りはミニタイプの線香となっているため、

こんな長さになっています。

 

燃焼時間はだいたい10分ぐらいですかね。

それでさっそく焚いてみました!

 

うん。

 

良い香り。( *´艸`)

 

焚くと沈香の香りがモワッと広がり、

その広がった先にかすかに伽羅の香りが

フワァっと香ってくるといった感じです。

 

なので、

残り香がすごく伽羅の香りがして良い!

 

伽羅好き沈香好きの方が、

ハマられるのもなんとなくわかります。

 

それぐらい香りに奥行きがあって、

残り香までもすごく上品です。

 

気持ちを集中させたい、

落ち着きたいという人にはいいかもしれませんね。

沈香って鎮静作用があるので、

お仕事なんかで使ってみても良いかもしれませんよ!

 

ちなみに、

鎌倉時代、室町時代の武将などは、

精神統一の一環として沈香を使っていたそうな。

そんな話しもあります。

 

ただ、

少しケチをつけるではないですけど、

一言いうなら、伽羅はおそらくそこまで入っていないと思います。

 

というのも先ほどいったように、

伽羅は高いので、沢山いれると、

値段がグンっと上がるからですね。

 

なので、

個人的な予想では、

伽羅は少量の他の沈香香木か、

伽羅の香りがする香料オイルを

入れているのかなと思います。

 

まーそれに関しては、

仕方がないことなんですが、

本物の伽羅がふんだんに使われていると

間違われないようにしてもらえればなと思います。

 

でもこれについては、

おそらくですので。

あくまでおそらくですよ。

 

多分あっていると思いますが。笑

 

ただそうはいっても、

香りが悪いわけではないので、

(むしろしっかりしている!)

沈香のお香の中ではオススメですね。

 

伽羅の配分については、

専門的なことなので、

普通に香りを楽しんでもらえればと思います。

 

値段は今回のでたしか、3780円。

まー一般で売られている線香よりかは

高いですが、

なにせ伽羅が入っている線香ですので、

そう思えばお手頃かなと思います。

 

むしろこの値段で、

伽羅を楽しめるわけですから、

一度は焚かれてみてもいんじゃないかなと思います。

 

ほんと良い線香って、

こういうのを言うんだなぁって、

わかると思うので。

 

贅沢な時間をお過ごしください。

 

今回のを見て興味がある方は

鬼頭天薫堂のオンラインストアで

買えるのでどうぞお試しください。

http://www.tenkundo.co.jp/online-shop/002/005.html

 

香りがいまいちだったら

僕に文句いってきて下さい!笑

そのぐらい、沈香が好きな方にはオススメです。

 

ということで、

今回のレビュー参考にどうぞ~(^O^)/


※お香のショップをやっています。

まだ数は少ないですが、日々増えていますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香を焚かれることをオススメです。

https://enjya.theshop.jp/

※不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazin

3 件のコメント

  • 鬼頭天薫堂の老松、好きですねぇ。
    天薫堂行くと店内か入り口近くでこの老松か花こもん(三種類位あります)が焚かれています。
    とてもいい香りですね。それを嗅ぐために天薫堂に行くようなものです。
    老松は自分用にはまだ入手してませんが、 
    ホントにお手軽なお試し用的に、細くて小さな竹の容器に入って(確か短い10本入り)売っているのがあります。まずはそれを試してみようかと思います。
    ちなみに、雪の下というお香の、同じようなお試し用みたいなものもあります。
    雪の下は多分沈香多めな感じです。以前は私には合わないと思ってたけど、おしょう様のお香を使うようになってから、なんか気になっています。実家では源氏山というのを使っています。お手頃な値段ですが無難な香りで普段使い向きです。

  • 僅かでもいいので本物の伽羅が使われているお線香が欲しかったので今度是非買おうと思います。余裕のあるときに(笑)。
    同じ鬼頭天薫堂さんのお線香で若宮は持っていますがどうやら伽羅は使われていないようなので…それ以外にも伽羅と書かれたお線香は幾つか持っていますが実際に使われているのかは素人には分からないのでこういうレビューはとても有り難いです。

    • 参考になってよかったです(^^)

      そうですね、お香にはその商品名が書かれていたとしても、

      ○○風と、本当に入っている2パターンにわかれますね。

      その場合は値段を見てもらえればと思います。

      安すぎるのにはたいがい入っていないので。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください