500年以上も町を見守っている薬師如来に護摩を焚くということ

どうもおしょうです!

先日は3月の護摩供養でした。

毎年2月と3月に行うのですが、

2月は1年の節目として、

そして3月は地元の薬師如来をお参りするというので、昔から行われています。

 

なぜ3月に薬師如来のお参りをするのかは、わかりません。

 

お寺の涅槃会と絡めてかなぁ?と思ったら、

そうでも無かったりします。

 

というのも、うちのお寺がある集落には、

地味に3体もの薬師如来さんが祀られていたりします。

 

ほんと小さな集落です。

そこに3体も別のところに薬師如来さんがいたりするんですね。

 

で、別に集落が昔、城下町や港などで、

栄えていて賑わっていた場所。

というわけではありません。

 

至って普通の田舎町の一つです。

しいて言うなら湧水が出るぐらい。

 

なのに薬師如来さんが3体もいるわけです。

不思議ですよね。

地蔵さんならどこの町にも数体はいるので、

わかるのですが、薬師如来となるとなかなか無い事だと思います。

 

理由とかはちゃんと調べればそれなりに

出てくるかもしれませんが、

今の所、いつ祀られたんか?

いつからお参りし始めたのか?は、謎だったりします。

 

ただ、3月8日の薬師如来の日に、

お参りをするというのが決まっているだけ。

 

お寺にいるとそういうのが結構あります。

 

そんな感じで、地域的な事はわかりませんが、

滋賀県の歴史から見ると、

薬師如来というのは所縁のある仏さんだったりします。

 

それは今の日本仏教の礎を担ったと

言われている、延暦寺が影響していると言われています。

 

延暦寺が最澄によって開かれた時は、

都で疫病が流行っており、

病気で苦しむ人が沢山いました。

 

その当時の天皇である帝もその一人。

 

そう言った理由もあり、

都が平和な町になりますようにと、

祈りを込めて彫ったのが薬師如来と言われています。

 

なので、延暦寺の根本中堂の御本尊は、

今も薬師如来さんが御本尊だったりします。

 

そう言った流れから、

滋賀県では薬師如来の信仰が広まったのかなと。

(正直、滋賀県は薬師如来霊場とか作ったら良いのに~っと思うのですが。。。)

 

みんなが病気や災いも無く平和で

暮らせますようにという祈りによって、

滋賀県の至る所に祀られていたりするんですね。

 

そんな感じで、

2月も護摩を焚いて、3月も!?

って感じですが、

薬師如来に長年見守ってもらっているから、

土地の安全と感謝を込めて祈るわけですね。

 

で、自分たちのこれからも見守ってもらおうと言うものです。

 

護摩木にお願い事を書いて、

それを燃やし仏の世界に捧げるというものですね。

 

そんな感じで、

コロナウイルスの話題で持ちきりですが、

きっと今回来て頂いた方や、

うちの地域は大丈夫だと思います。

 

これでコロナ発症した人がいたら元も子もないですが。。。笑

 

今の所、うちの地域では歴史的にも

疫病が流行らず、平和な日々を過ごしています。

これも薬師如来さんのおかげかもしれませんね。


●お香のショップをやっています。

まだ数は少ないですが、日々増えていますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香を焚かれることをオススメです。

http://enjya.net/lp/obosan-ordermade/

●不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazi