なぜ自分を振り返らないといけないのか?しなくても生きていける

どうもおしょうです!

12月になりだいぶ寒くなりましたね。

 

いよいよ今年も終わりか、

といった所だと思います。

 

12月は1年を振り返る時、

もう一つ言うのであれば、

自分を振り返る唯一の時期でもあったりします。

 

自分を振り返る。

 

そう聞くことは、たいして珍しい事でもありません。

 

たまに家でもやってるわ!

という人もいるかもしれません。

 

ただ、真剣に自分の人生を振り返ろうと、

1時間、2時間も自分の人生を

考えた人というのは、そう多くないと思います。

 

なんとなく頭の中でぼんやり考えてると。

 

だいたいの人はそうだと思います。

 

ただ、人は頭の中にある時は、

抽象的でごちゃごちゃふんわり

していることが多かったりします。

 

そこに文字を書いて頭の中を顕在化

したり、具現化することによって、

初めてハッキリと整理されるんですね。

 

なので、頭の中で考えるだけでは、

ぼんやり思っているだけ。

に過ぎなかったりするのです。

 

そして、時間が経てば忘れると。

 

自分を振り返る。

 

それを実際に行動に移すことは、

普段生きていて、ほとんど無かったりします。

 

なぜなら、「しなくても生きれるから。」

 

そう、しなくても生きれるんですね。

 

極端な事を言えば、

人は苦しんでても、不幸でも生きていけるのです。

 

で、それがそもそもの人間の在り方。

 

人は生きる為に生きていますから、

極論、幸せかどうかなんて言うのは、

どうでも良かったりします。

 

生きていればそれでいい。

それが人間の本能なのですね。

 

だから、自分を振り返るなんていう、

生きるか死ぬかの上では、

どうでもよかったりするのです。

 

振り返らないからって

死に直結しないですからね。

 

ただ、そうはいっても、

人は幸せに生きたいもの。

 

人生は一度きりですから、

それを充実して送りたいもの。

 

だからこそ、「自分の人生」

について考えたりするんですね。

 

逆に言うと、幸せに生きたいから、

自分の事を考えるわけです。

 

ただ生きると、幸せは、

別問題ですから、

幸せは幸せで考えていかなければなりません。

 

考えなければ白馬の王子さまみたいに、

幸せはやってきません。

 

そう、なのでこの「自分の幸せ」

というものを理解するために、

自分を振り返るというのが、生きていて大事なんですね。

 

だから話しは最初に戻りますが、

12月の時期というのは、

そういった意味でいい機会をくれる、時期だったりするのです。

 

自分を振り返るとはなんなんだろう?

 

と是非考えてみてもらえればと思います。

 

自分を振り返るとは何か?

 

どうやるのか?

 

それを真剣に考えると、

家で全てやろうという答えは、出てこなかったりします。

 

真剣に何かに向きあう時には、

それなりの場所というのがあったりします。

 

場所が変わるから真剣に向き合えるのですね。

 

頭の中のぼんやりが、行動に移った時です。

 

自分を振り返る時期は、

1年でこの時しかなかなかタイミングがありません。

 

ですので、この機会にぜひ、

自分を振り返るとはなんなんだろう?

振り返るにはどうしたらいいんだろう?

ということを考えてみてもらえればと思います。

 

真剣に考えると答えがみえてきますよ。

考えないと一向に答えは見つからないままです。

 

自分を振り返るのと同じですね。


●お香のショップをやっています。

まだ数は少ないですが、日々増えていますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香を焚かれることをオススメです。

http://enjya.net/lp/obosan-ordermade/

●不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazi