1月の精進デザートは縁起物を!豆乳あずきのぜんざいレシピ!

どうもおしょうです!

1月ももうすぐ終わりですね。

ということで、

今日は前回お寺体験でお出しした、

精進デザートのレシピを紹介したいと思います!

 

もう写真でもおわかりの通り、

豆乳あずきのぜんざいですね。

 

1月ももう終わりですが、

一応、新年が明けた月ということで、

新年らしく縁起がいい精進デザートを作りました。

 

小豆は日本古来から、

縁起物として良く使われ、

祝い事はもちろんのこと、活気のある色見から、

厄払いや悪いものを払うものとして使われてきました。

 

一般的にはお赤飯なんかが典型例ですね。

日本の祝い事なんかには必ずつきものですし。

あと、小豆粥なんかも小正月に食べますよね。

 

そんな感じで、

小豆というものは、昔から祝い事などで、

料理として使われるということがありました。

 

なので、今回もそれに習って、

お寺体験ですし、普段触れることがない文化というものも

含めて食べていただきました。

 

 

食べて学ぶ、まさに精進デザートですね!

 

ちなみに、体験の時は雪が積もって寒い時期

ということもあり、そんな雪の日を表して、

豆乳やきな粉を使い雪景色を表現しています。

 

一般的なぜんざいを作ってもいいのですが、

どうせなら、四季を感じていただきながら、

食べてもらった方が、よりこの季節の料理というものを、

楽しんでもらえますからね。

 

単純にそういう理由です。

一般的なものだったら、わざわざここで

食べる必要ありませんから。

 

ここに来て、その時期に食べるから、

意味があるというものを作っていきたいと思います。

 

ということで、

さっそく精進デザートのレシピにいきたいと思います!

 

それではどうぞ~(^O^)/

 


 

『豆乳あずきのぜんざい』

 

材料:豆乳、ゆで小豆、白玉粉、白みそ、

砂糖、黒蜜、きな粉

 

1.まずは白玉粉をボールに入れ、適量の水を入れて、

白玉粉を練っていきます。その後、沸騰したお湯に、

丸めた白玉を入れ、浮き上がってきたらすくいとり、

固まらないように水につけておきます。

(中央に窪みをつけると火が通りやすいよ!)

2.次に鍋に豆乳、砂糖を加えて沸騰するまで弱火で

混ぜていき、沸騰したら白みそを少し加えて、さらに混ぜていきます。

(白みそは豆乳9に対し1ぐらいでオッケー!)

3.白みそがよく混ざったら、ゆで小豆を加えて、

黒蜜で味を調えていきます。

4.黒蜜を入れて味に問題なければ、

最初の白玉を鍋に入れて、ひと煮たちすれば、火をとめます。

5.最後に器に盛りつけて、上からきな粉を振りかければ完成です!

温かいうちにどうぞ召し上がれ!

 


 

ということで、作り方は簡単!

後はどう味付けをしていくか?

ということですね。

 

今回のレシピは、体験終わりということもあって、

疲れた身体に染み込むように甘々に作っています。

 

あと、個人的にぜんざいは、

甘い方がいい!っていうのもありますね。

 

そんな感じで、

今回は各々好みに合わせてやってもらいたいので、

あえて分量を書きませんでした!

ご自身でやってもらう場合、味を確かめながら、

やってもらえればなぁ~と思います。

 

餅も焼餅なんかでも、

おいしいと思いますしね!

 

そこらへんはご自由にどうぞ(^O^)/

 

また作ったら報告お待ちしております。

2月の節分ももうすぐあることですし、

ぜひ縁起物としてご家庭でお試しくださいませ~!

 

めんどくさいけど、

季節もんっていいもんですよ(^^)

 


 

※お香のショップをやっています。

まだ数は少ないですが、日々増えていますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香を焚かれることをオススメです。

https://enjya.theshop.jp/

※不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazin/