紅葉ピークのお寺巡りでうざい人混みを避ける方法について書いてみた

どうもおしょうです!

紅葉の時期ということで、

京都も紅葉がピークになってきました。

 

おそらく今週、来週ぐらいが、ピークかなと思います。

 

京都の紅葉をよく知っている人らは、

だいたい11月下旬を目安にして巡っていたりしますね。

中旬ぐらいだと、まだちょっと早いぐらいなので。

 

そういうこともあり、

12月頭ぐらいまでは見ごたえある紅葉が

見れると思います。(山側はもう少し早く終わるかもしれませんが。)

 

で、僕も紅葉の時期は、

あんまり人混みが好きではないのですが、

見ごたえある季節ということで、一応お寺巡りをしています。

 

それで今回改めて思ったのが、

紅葉の人気スポットはめちゃめちゃ人が多いなと。

 

まー当たり前なんですが、

それにしても、人の数がすごいなと。

 

写真のお寺なんですが、これ平日の写真です。

平日でこれぐらいの人混みがあるということは、

土日はどうなるんだ!?っと思うほど。

 

紅葉のすさまじさを感じます。

多分京都のお寺の一年で一番人が来る時期なんじゃないかと。

 

なぜこんなに多いのか?というと。

一つは外国人旅行客ですね。

 

外国人旅行客には曜日は関係ないので、

団体で一気に来たりします。

 

ほんと数年前まではそんなことなかったんですが、

インバウンドの勢いを感じさせられます。

 

お寺にいるのにほぼ外国語が飛び交っていますから。笑

 

おまけに僕も何回も「外国人ですか?」

って間違われるほど。笑

(まー写真撮る分には、外国人って思われていた方が遠慮なく撮れるのでいんですが。笑)

 

それぐらい京都の観光名所は、

外国人が来るのが当たり前になっちゃっているということですね。

 

で、

あと混雑する理由としては、これも団体客。

団体客といっても、日本人の団体客ですね。

年齢的には還暦を過ぎた人たち。

この人たちがツアーかなんかで、一気にお寺にやってきます。

 

この人たちも定年退職している人たち

ばかりなので、曜日は関係ないですからね。

 

特に有名観光寺院なんかは、

旅行代理店が紅葉の期間、

ツアーを組みまくりますから、

その時期はひっきりなしに来るということです。

 

ドーーンっと結構な人数が、

一気に入ってくるので、

それと合わさってしまえば混み具合がエグイことになります。

 

そんな感じで、

人混みが嫌いな人や、写真を撮りたい人からすれば、

「嫌だなぁ~っ、でも紅葉見たいなぁ~」

っていう時期なんですが、

平日でこれなんですから、なかなか厳しいものがあります。

 

そこでオススメとしては、

ちょっとピークは外れるのですが、

12月頭過ぎぐらいの紅葉拝観終わりに巡られるといいかなと思います。

 

というのも、その時期になれば、

紅葉拝観が終わっているので、

旅行会社のツアーの数が減るんですね。

 

紅葉期間がすぎるので、客足も遠のくと。

だからツアーも組まないと。

 

そういうこともあり、

時期をズラして巡るというのはオススメだったりします。

少しは人の数が減少するので。

 

もう少し詳しく言うと、

これも地域によったり場所によって、

いろいろあるんですが、

主に関西の山側なら、11月中旬ぐらいでも結構な紅葉が見れたりします。

 

僕の感覚では、山側の方が、

町中と比べて1週間早いかなぁ~っといった印象。

 

なので、山側のお寺に行くなら、

12月頭よりも11月中旬前後を狙うといいのではないかなと思います。

 

12月頭過ぎると、散ってしまっている場合があるので。

 

町中は12月頭過ぎぐらいでも大丈夫と思いますけどね。

 

そんな感じで、紅葉のお寺巡り。

見ごたえはあるのですが、

人気ゆえに人混みが多かったりします。

 

そこで、時期をあえてズラしてみる

という巡り方もありますよ。

というお話しでした!

 

参考にしてもえればなと思います。

 

あと、ネットの紅葉ランキングにも

入ってこないマイナー寺院になればなるほど、

人混みも少なくなったりしますね。

 

そこは食べログと似たような感じです。

 

ということで、

これからお寺巡りされる方は参考にどうぞ!

良いお寺巡りを~(^◇^)


※お香のショップをやっています。

まだ数は少ないですが、日々増えていますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香を焚かれることをオススメです。

https://enjya.theshop.jp/

※不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazin