お寺はなぜ人里離れた所にあるのか?断つからこそ得る話し

どうもおしょうです!

お寺といえば、山籠もりといった

イメージがあると思います。

 

現に山の中にあるお寺は、

全国に結構あったりします。

 

中国なんかも有名なお寺は、

山奥にあったりしますしね。

 

人里離れたところにある。

というのがお寺のある種の特徴だったりします。

 

というのも、

昔は出家というのは、

俗世の世界から離れるという意味がありました。

 

今は近代化の波もあってか、

出家と言っても、今までの生活を捨てて、

山籠もりするといった感じのものは、だいぶ薄まってきましたが。

 

少なからず昔はそうだったんですね。

 

で、そこらへんの出家が

どうこうという話しは今回、おいといて。

 

俗世から離れて山籠もりするというのは、

今までのあらゆる関係性を断ち切って、

違うルールのもと違う世界で生きるということを意味しています。

 

似たような感覚でいうと、

海外に住むみたいな感覚ですかね。

 

今でこそSNSが発達して、

どこにいても今までの人とつながれる

ようになりましたが、昔はそうではありませんでした。

 

海外に行ったら、

自分のことを知らない人だらけで、

そこの文化という新しいルールのもと、

一から生きていかなければいけません。

 

まさにそんな感じ。

 

ただ、

海外に住むことと、

お寺で山籠もりするというのは、ちょっと違ったりします。

 

それは、外界の情報をできるだけ遮断し、

そこにある必要な情報だけで、生きていくということです。

 

これに関しては、

今もお寺の修行で同じようなことが行われています。

(もちろん、宗派によりますが。)

 

修行に入る前に、

修行で必要なもの以外すべて没収されるんですね。

 

時計も本も、

お金もなにもかも。

 

いらないものは全て排除されます。

 

そして、隔離された世界で、

情報を遮断されて生活するんですね。

 

その理由は単純で、修行に集中するため。

 

そのためには、

余計な情報で心を乱さない。

または余計な行動をして時間と労力を潰さない、

ようにする環境を作る必要があるわけです。

 

なので、要らないものは排除すると。

 

お寺に行くと、余計なものはなく、

どこかシンプルである意味質素な感じを

受けると思いますが、まさにそういうところからきていたりするんですね。

 

今の時代、すぐ手を伸ばせば、

スマホがあって、いろんな情報を

得ることができるようになっています。

 

それはある意味便利な世の中に

なったのですが、

逆に有象無象の情報で、余計なものに

心を持っていかれてしまうということも、いえたりします。

 

モノゴトは表と裏、表裏一体ですから、

良いこともあれば、同じように悪いこともあります。

 

特にSNSの登場で、

今までは知ることも無かった、

情報も勝手に目に飛び込みやすくなっています。

 

そして、それは知らず知らずのうちに

僕たちの頭の中に入ってくるんですね。

 

そうなるとしだいに、

集中力が切れて、自分がやるべきことを忘れていったりします。

 

逆に目に飛び込んだものに、

心を奪われ、そっちの方に走っていっちゃたりね。

 

そういうことがおきたりします。

 

というか、たまにそういう人を見かけたりします。

 

この人、あきらか今の自分と関係ないのに

いろんなことに反応してるなぁーって。笑

 

それよりもやることあるでしょうって。

 

なので、

今の時代というのは、

情報を得るというよりも、

あえて断ち切るというのが必要なのかもしれません。

 

簡単につながるということは、

逆に余計なものに

振り回されるということですから、

時として、心を鬼にして断ち切るというのもありだと思っています。

 

現に僕自身も、

一時期、友達の誘いをすべて断ってた時期がありました。

 

結婚式とかも。笑

結婚式行く意味あるのかなぁ?って。

 

連絡も全て無視。

 

まー今は結婚式に行く意味も、

一時期行かなかったことで、わかってきたんですが。

 

そういう、暗黙の中での常識

っていうやつを断ち切ることで、

改めて見えてくるものがあったりします。

 

まーそのおかげで、友達が減りましたが。笑

 

それもまた必要なことだと思っています。

友達も必要以上に要らないなと。

 

多いからいいってもんじゃないなと。

 

そんな感じで、

つながりや情報を断つことで、

見えてくるものがあるし、

自分が余計なものに振り回されず、

やるべきことに集中できるというのがあります。

 

断つことが全てではありませんが、

今の時代は情報やつながりが多すぎる分、

断つということを意識してみるのもいいんじゃないかということですね。

 

これをお寺でいう所の、

煩悩を断つということですね。

 

お寺の不動明王が手に持つ剣は、

まさに、つながり煩悩を切るために持っていたりします。

 

切る、断つという選択もあるんだ。

ということをぜひ頭に入れてみてもらえたらと思います。


●お香のショップをやっています。

新しいものも日々増えてきてますので要チェック!

落ち着きたい時や、集中したい時、気持ちを切り替える時なんかに、

お香をぜひどうぞ。

https://enjya.theshop.jp/

●不定期ですがメルマガやってます。

ブログよりもお寺の教えについて話しています。

あと、ココだけの話しも。笑 よろしければどうぞ!

http://oshow.biz/wp/oteramagazi